果林草子

つれづれなるままに

10大学交流会(いんこ会)シングル優勝構築

はじめまして。

立教ポケモングループのかりんとうと申します。

先日行われた10大学交流会(いんこ会)のシングル部門にて3-1で予選抜けから優勝いたしましたので、この機会に構築記事を書いてみることにしました。

定例会か交流会で何か結果を残せたらこういった記事を書いてみたいと最近思っていたのですが、まさかはじめての優勝がこんなに大きな大会だとは思ってもみなかったもので、とってもありがたい限りです。

 

~念押し~

 

優勝しといて言うのもアレなんですが、私はシングルバトルに関してはにわかもいいとこです。率直に言うとガバガバなので、これを構築の参考にしようとは考えず、流し見程度にご覧になる方が賢明かと思われます。

しつこいようですが謙遜0のにわかです。どれぐらいにわかかというとシングルS2のレートが1500

ほんとにもう周りのシングル勢はレートが1900だの2000だの2100だの私には別次元の生き物に思えますね(白目)ほんとに自分が優勝できるとは全く思ってませんでした。

 

~全体の構築~

f:id:cybele1025:20170322172101p:plainf:id:cybele1025:20170322172206p:plain

f:id:cybele1025:20170322172311p:plainf:id:cybele1025:20170322172341p:plain

 

f:id:cybele1025:20170322172418p:plainf:id:cybele1025:20170322172537p:plain

f:id:cybele1025:20170322170711p:plain

 

~そもそもの発端~

大学に入り、XYを買い、ORASを買ってなんとか厳選環境が整ってきたくらいの時です。私のシングルレートからお察しの通り、完全な†エンジョイ勢†だった私は「どのように勝てるか」より「どのポケモンを使いたいか」ばかり考えていました(雑魚)まあカリンさんの名言もあるし、多少はね?そのなかでも最もお気に入りだったのが

f:id:cybele1025:20170322172311p:plain

この子。ペンドラーって可愛いですよね(真顔)

ペンドラーの使い道を考えるうちに「バトン役」としての活躍が見込めることがわかりました。当初は襷持ち剣舞/まもる/バトン/メガホーンという比較的オーソドックスな積み技+行動保証+バトン+ワンウェポンみたいな構築で剣舞+加速バトンをメガガブに渡して†竜舞メガガブ†を降臨させる遊びをしてました。

で、そのとき偶然知ったのが、鉄壁加速バトンです。剣舞加速バトンはバシャーモテッカニンなどでもでき、鉄壁バトンはパールル系列ができるのですが、どうやら鉄壁加速バトンはペンドラーの専売特許ということです。

まあ鉄壁加速バトンなんかして強いポケモンいるのかしらってとこで、

こちらをご覧ください。

f:id:cybele1025:20170322180144j:plain

これはPGLのガルーラを倒した技のランキングです。このトップ10のうち実に8割が物理技であるとわかります(ラブリースターインパクトはよくわからない)しかものこりの10万、サイキネはあきらかにコケコテテフのものでしょう。手負いのメガガルを上から叩いて落としたものと考えられます。全盛期の6世代ではもっと顕著でした。たしかヘドロ爆弾ぐらいしかなかった気がします。

ここで私は思いました。

物理に硬くなってめっちゃ早くなったガルーラって最強では?????

そんなこんなで出来上がったのが

ペンドラー@黒いヘドロ 鉄壁/剣舞/身代わり/バトン

という型です。まあ当時、この子は柔らかいのでペンドラーより早いアタッカーやスカーフアタッカーにけちょんけちょんにされて解散しました。

時は流れ、サンムーンが発売され、各種交流会などのPTを考えているとき、最近カプ・テテフがガブを超える勢いで流行していると聞き、

初手テテフにペンドラー対面→スカーフテテフのサイキネをペンドラーが襷で耐え→ペンドラーが剣舞+加速→テテフを毒づきで落とす→先制技が封じられた状況で剣舞ペンドラーが無双という流れを想定して、

ペンドラー@襷 毒づき/メガホーン/剣舞/地震

という型が完成しました。バシャーモに上から地震を打てるように仕込み、早明立交流会に出てみましたがテテフも馬車も一回も出会わず解散しました()そもそもA100で無双なんてハナから無理であるという現実を味わいました。

まあそんなときに出会ったのが

http://blog.hatena.ne.jp/login?blog=http%3A%2F%2Famamiyapokemon.hatenablog.com%2F

という記事です。MPKのあまみやぽけさんの構築記事ですね(前は見れたんですがなぜか今私のPCで見ることができませんでした)。あまみやぽけさんは様々な大会で結果を残しているほか、前シーズンは最高レート2072というシングル強者です。エンジョイ勢の私としては、バトン軸構築で結果を残せる時点で驚愕でしたね。

ペンドラーバトンで戦うことが夢だった私は大変に参考にしました。正直私の構築記事の内容の約4割ぐらいはあまみやぽけさんのものです(弱者)

というわけで上記事の構築を自分なりにアレンジして立教東邦交流会に挑んでみたところベスト4という自分としては上々の結果を出し、何回か負けたのもプレイング次第で勝てる試合もあったと思ったので、少々手を入れていんこ会のシングル部門に出場しました。

~個別解説(活躍順)~

 

f:id:cybele1025:20170322172311p:plain

ペンドラー@襷

特性:加速

臆病HSぶっぱ

鉄壁/剣舞/まもる/バトン

この構築の要。主に物理アタッカーに上から鉄壁を撃ち起点にしていく、特殊アタッカーの攻撃を襷で耐えてから加速+積みの状態で有利対面に持っていく、などの芸当が基本になります。鉄壁で上から起点にするということと、スカーフテテフあたりに襷からバトンしたいという願望を込めた育成。Hj振りなのにバトンって…元構築ではここがビルドバシャーモでした。決勝での実況でも「このペンドラーバシャーモの方がよく見る」といわれていましたが、実際に使うとペンドラーだからこその利点も多かったのです。

①まずペンドラーのSラインが絶妙であるということ。ペンドラーのSは112。これがどう優秀かというと、初手積み技から相手のスカーフを見破りやすいということです。

たとえばガブですね。ガブリアスのS種族値がギリギリ100を超えているから強いというのも今は昔で、現在コケコやスカーフテテフ、一ターン目からガブを抜いてくるメガグロスやメガマンダの存在でS100以上がそこまで安定しない今、スカーフでそれを抜くか、襷で行動保証をしないとやってられません。現在多くのガブは襷かスカーフです。ここで、ペンドラーは上から鉄壁を撃つことにより敵のガブが襷などなら上を取り、スカーフだったら襷で耐えます。襷ガブならガルーラの前ではただのガブなので、鉄壁で固くして速くしたガルーラで冷凍パンチをするだけでほぼ崩されなくなります。スカーフだった場合、岩石封じだけが微妙なところですが、A補正252振りガブの岩石封じはペンドラーの50.2~59.8%程度入りますが、その後守ればペンドラーのSが一段階上がりスカガブを抜けるので、上から鉄壁を打つことで次の岩石封じによるダメージを17.9~21.5%に低減できます。ここまでくれば並の先制物理技では落ちず、このまま剣舞にスイッチすることもできるので、しっかり舞ったあとガルーラにバトンをするだけで簡単にPTを崩せます。

バシャーモのS種族値は80と微妙で、初手は守るが安定でしょう。初手ビルドから襷耐えでは相手のスカーフが分からず、守るを入れるべきか否かわかりません。しかし守るを読んで襷ガブに剣舞や身代わりを入れられると後の展開が厳しくなります。ここで鉄壁を上から撃てるペンドラーなら、剣舞のぶんの火力上昇を打ち消し、身代わりの分耐久を高め、耐えたのち安全に裏のエースにバトンが可能です。

同じようなことがS91の霊獣ランドロスやS95のテテフなどSがそこそこ高くかつスカーフを持つことの多いポケモンでも起こりえます。

そしてこれは主観かもしれないのですが、ペンドラーより早いポケモンは殆んどスカーフを持ちません。スカーフでメタられるゲッコとコケコだけ微妙ですが、持ってラティオス(S110)くらいだと思います。そのラティでも5%程度です。つまりS112のペンドラーというのはウツロイドカミツルギ、霊獣ボルトといった速くかつスカーフを持ってくる多くのポケモンを容易に見破ることができます。

②上から鉄壁バトンが強い。先刻のガブと同様、ガルーラなどのS112以下のポケモンほぼ全てに鉄壁バトンが刺さります。Z技すらも襷で耐え、相手の火力が落ちたところに鉄壁+加速バトンを行い、ついでに剣舞で火力増強してガルーラに渡せばほぼ止まりません。また、メガマンダはペンドラーを抜いているわけですが、ここで守ろうとすると、それ読みで竜舞をされ、いつまでも上を取れなくなる危険性がつきまといます。こちらが積まない状態で相手に積まれると、単純にアド損します。しかし、初手鉄壁ならば、突っ込まれたら襷で耐え、加速分で上からガルーラを出し、物理に硬くなったガルーラから冷凍パンチで落とし、速く、硬くなったガルーラが残ります。バトン時に龍舞をされると多少厄介ですが、B1↑分上昇があるので、安全に処理が可能です。

実際にマンダと対面しましたが、連続で捨て身を撃ってきたので、ペンドラー襷耐え鉄壁→上から鉄壁加速バトンでガルーラが余裕耐え→冷凍パンチで処理という綺麗な動きができた気がします(マンダを上から殴るために守るを入れた気もするけどよく覚えてない)。最速マンダを抜く為にガルーラのSをもうちょい振るのもいいかもしれません。ちなみにですが、最も数が多い準速メガマンダを最速ペンドラーは抜けるので、これまた情報戦で優位に立てます。

③剣舞に強い。とくに痛感したのはミミッキュ対面ですね。ミミッキュってポケモン私はあんまり知らないんですが、ほとんどのミミッキュペンドラー対面で剣舞を撃ってきました。それに対してこちらのペンドラーは鉄壁をしていきます。鉄壁下からミミッキュで攻撃してもあまり入らないのは相手も承知で、負けじと剣舞してきました。両方最大まで積んだところで、ミミッキュ側も攻撃せざるを得なくなるのですが、補正ありA252振りミミッキュのシャドークローがH252ペンドラーに確定3だそうです。珠ありなら乱2(約3割)。その前に痺れを切らして攻撃してきたらそのまま剣舞までできます。あとは適当にガルーラにパスすると等倍火力しかないミミッキュを処理でき、B6段上昇+ありえないレベルのS上昇をあわせたガルーラが降臨します。

f:id:cybele1025:20170322202832p:plain

↑例(ミミッキュ起点の時かは不明だが実際このような状況は何度も発生した。たしかこの時はアロコン起点だった気がする)

 

もとはヘドロ軸の@ヘドロ 鉄壁/剣舞/身代わり/バトンでしたが、スカーフ持ちやグロスコケコなどペンドラーより速いポケモンに対してに対して守るor襷耐えからバトンなどをしたかったのでこの構築になりました。殴れないので適当に臆病。私の持ってるメタモンが臆病でちょうど良かったんですよ()

f:id:cybele1025:20170322172101p:plain

ガルーラ@メガ石

特性:肝っ玉→親子愛

いじっぱりH220A252S32

やつあたり/冷凍パンチ/ドレインパンチ/噛み砕く

主なエース。たしか元記事だと20振りくらいだった気がするけど調整時にミスって時間なかったのでそのまま。耐久に厚く振ったメガガルはやっぱり強かった。バトンがうまくいかなかった時も相手の攻撃を耐え、陽気ASガルーラでは受けられないレベルの攻撃を受けてから八つ当たりで吹き飛ばすこともできた。ガルーラにちょっとでもダメージを与えようと鋼やいわタイプのポケモンも投げられるが、それもドレインパンチでキャッチすることができた。噛み砕くはミミッキュ処理で役立ったのでこの技構成で完成していると思います。二回行動のゆえに襷で困ることがないのも強み。

 

f:id:cybele1025:20170322172341p:plain

ライボルト@チョッキ

特性:蓄電

臆病CSぶっぱ

10万/気合玉/ヘドロウェーブ/めざ氷

裏のエース。ガルーラ降臨がちょっと難しそうな相手には鉄壁加速をコイツにバトンするだけでも強かった。元記事は悪巧みを持っていたが、ペンドラーというポケモンの都合上特殊への耐性が欲しく、チョッキを採用し、かつ妖や草への打点を重視したヘドロウェーブを採用した。元記事の性格は図太いだったが、持ってなかったのでバトンなしでの強さを重視して最速にした。実際、上からリザYを吹き飛ばすなどの活躍を見せた。鉄壁バトンを見て出てきた特殊アタッカーもチョッキのおかげできちんと処理ができた。

f:id:cybele1025:20170322172537p:plain

カプ・テテフ@オボン

冷静HCぶっぱ

イドンプ/ムンフォ/挑発/瞑想

Qなんで冷静?

A厳選めんどかったからです…(小声)

f:id:cybele1025:20170322211901p:plain

↑こんなかんじの冷静個体値が捕まり、準伝の厳選もレベル上げも面倒だったのでなんとなく厳選をやめました(クズ)だって可能性感じたんだ…

あ、豆知識ですけどカプ・ブルルの無補正S個体値Vの実数値は95、冷静S個体値Vのレヒレの実数値は94です。つまり選出でフィールド奪えちゃいますね()フィールドを奪った後ペンドラーに交代して起点にしたりできるかもしれない(適当)

元記事はスイクンだったところをスイクンを持ってなかったのでレヒレにしてみた。結果的に挑発を撃てたのでこの子だからこその利点もあったと思う。挑発を撃つと耐久型のレヒレだと相手にミスリードを仕掛けることもでき、そこから相手の戦法を大きく崩す戦法も取れた。元はヤプ・レヒレにするつもりだったので、その名残からか水技がイドンプ(私はイドンプ派)になっているのは私が「んんwwwヤプレヒレ以外ありえないwww」って言ってた時の名残で多分波乗りにするかせっかくなら水zを持たせるのが丸いと思った。決勝戦ウツロイドに急所イドンプが当たったので気持ちよかった(小並感)多分怪我の功名ってやつ。あと加速バトンで上から瞑想を積むのもいいと思ったが、その機会はなかった。自然の怒りでもいいと思います。

f:id:cybele1025:20170322172418p:plain

ギルガルド@防塵ゴーグル

特性:バトルスイッチ

いじっぱりHAぶっぱ

キンシ/シャドークロー/アイアンヘッド/かげうち

テテフの一貫切りと鋼枠。唯一の先制技持ちなのでそういう意味でも重要。最近ガッサの採用率が高くなっていること、またPT全体的に胞子撃たれると厳しい面子なので急遽防塵ゴーグルを採用、前は元記事通りゴーストZだった。結果、ガッサ入りPTに会ってもガッサは選出されなかった。私はあまりガッサを使ったことがないので分からないんですが、このPTはガッサの選出を抑えやすいのかもしれませんね。

 

f:id:cybele1025:20170322172206p:plain

ガブリアス@ドラゴンZ

特性:鮫肌

陽気ASぶっぱ

逆鱗/地震/炎の牙/剣舞

剣舞できてZ逆鱗で技を縛ることなく龍技が撃てる。その活躍ぶりは…

f:id:cybele1025:20170322222515p:plain

選出をすることは…一度も…ありませんでした…

なぜか知らないけどほんとに一度も選出しなかった。よって使用感も考察もないです。ですが、カプ・ブルルのようなガブに強いポケモンが選出されることが多く、ペンドラーで起点にしたり鉄壁バトン済のガルーラがドレインパンチで回復源にできたり、ブルルをボルトのヘドロで吹き飛ばして気持ちよくなったり出来たので、見えないところですごい活躍してたのかもしれない。さすがはレー島の守り神といったところでしょう(ほんまか?)

 

~立ち回り~

ペンドラー+ガルーラ+@1が基本だった。バトンがキツそうな相手には裏から選出する。無理なポケモンに対して裏+ペンドラー+別エースで裏で無理な相手を処理したり、初手ペンドラーから交代して処理したのち裏が死んでからペンドラーで起点にしたりも出来たと思うがそのへんは経験不足で難しかった。

~苦手な相手~

眠らせてくる相手は全体的に厳しいです。あとはSラインがだいぶ怪しくなるバンドリをはじめとした天候PTも厳しいです。

今回全く見なかったのですが、積んでくる特殊アタッカーも厳しいでしょう。特に蝶の舞は厳しいです。龍舞は上から鉄壁を打つことで実質B1↑分のアドが得られますが、蝶の舞に対しては相手が強くなる一方で、こちらはバトンのタイミングでミスると上を取られたり致命傷を受けます。テテフが瞑想を積む時代が来るとかなり厳しくなりそうです。

強い先制技は大概物理なので、ペンドラーは上から鉄壁をする(グロスなどには守ってから加速して上から鉄壁)だけで先制技の恐怖からは逃れられますが、特殊メインウェポンに先制技を搭載することが少なくないポケモン(ガルドやルカリオなど)はだいぶ厳しくなります。しかもアローに関しては特に意味がありません。守る一加速積み→襷耐えバトンはできますが、剣舞のリスクも高く、さらにヒコウZ型も流行っているとのことで守っても襷がつぶされることもあり、だいぶ厳しくなるでしょう。また、マグマストームのスリップダメージで襷を潰してくるドランも厳しいと思います。

ガモス、ガルド、アロー、ドランあたりをごまかすために、ガルドを大地の力を搭載したヒードランあたりに変えてみるのもよさげアリではないかと思いました。

あとはくろいきり、吠えるなどをされるとこちらのPTコンセプトが崩壊するので、見せ合いでそれらを撃ちそうなポケモンがいた場合は完全裏選出にするか、しっかり処理できるポケモンを連れていきました。決勝はカバに黒い霧撃ちそうなレヒレといましたので完全裏選出にしてました。

 

~最後に~

個別解説で言い忘れたんですが、ペンドラーのもうひとつの強さはその弱さです。私のPTでペンドラー以外のポケモンは所謂強ポケで、それに対策するような選出をされることが多く、おかげで無警戒のペンドラーが動きやすくなったと感じました。ガルーラ、ガブ、ランドロスなんかの厨ポケに上から鉄壁を撃って起点にしていくのはやっぱり爽快でした(暗黒微笑)

予選では対戦相手のあんみつさんから「こいつバトンできるの」と言われもしました。ペンドラーは高威力のメガホーン、妖に刺さる毒突き、馬車に上から打てる地震、リザ、ガモスに刺さる岩雪崩と、意外と優秀な技も撃つことができるので、相手にその圧力をかけることも出来るのかもしれません。

優勝はしたものの、厳しい択を常に必要とされるので、常に針に糸を通すような緊張感で挑んでいました。おかげで大会の間中胃がキリキリしてました。ほんとに立ち回りでミスるとすぐに死ぬ構成なのでやっぱりレート稼ぎには向いてないかもしれません()相手がどう選出するかもそうですが、相手がペンドラーをどのように捉えて、どう立ち回ってくるか、相手の顔色や様子も伺いながら戦っていました。つまりリアル対人でこその強さかもしれません。とすると、レート稼ぎにはやっぱり不向きですね()

まあほんとに好きなペンドラー入りのPTでこんな大きな大会で優勝できて本当に嬉しいというか予想外です。

今回は多少まとも(?)な記事を書きましたが、これからは交流会や定例会で使用する変態構築をそのまま記事にしようかなと思っています。エンジョイ勢なのでね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。